7歳の娘に59億円のダイヤ

昨年、南アフリカで発見された12・03ブルーダイヤがスイスで行われたオークションで、4863万4千スイスフラン、日本円にして59億5千円で落札された。落札予想価格は3420万〜5370万スイスフランだった。
落札したのは、香港のコレクターのジョセフ・ラウ氏。7歳の娘に送るためだという。
ダイヤには「ブルームーン」と名が付けられていたが、ラウ氏は娘の名前をつけて「ジョセフィンのブルームーン」と改名。
ラウ氏は以前、16・08カラットのピンクダイヤも2872万5千スイスフランで落札している。ピンクダイヤは「スイート・ジョセフィン」という名がついているそうだ。
過去の最高額を塗り替えたブルーダイヤの落札額。一体どんな形で娘に送られるのだろう。