Google、4月1日のいたずら謝罪

米GoogleのGmailチームが4月1日に公開したエイプリルフールのいたずら機能を誤って使ったユーザーから多くの抗議の声が寄せられ、同社はすぐにこの機能を取り下げ、謝罪したそうだ。
4月1日には多くの企業がサービス上でエイプリルフールのいたずらを仕かける。Googleのいたずらは例年、非常に凝っていることで知られている。1日だけ有効な、実際に使える機能を追加することも多く、今回もそうした機能の1つが多くの悲劇を生んでしまったようだ。
この機能は「Mic Drop」(マイクを落とす)と名付けられ、送信ボタンの右隣に1日限定のオレンジ色の送信+マイクを落とすアイコンが表示される。メールの送信ボタンの代わりにこのボタンをクリックすると、王様に扮したミニオンがマイクを落とす(こちらからは何も言うことはない、という意思表示)GIFが添付された状態で相手にメールが届くという。
受信側がこのメールを開くと、メッセージと一緒にこのGIFが再生され、しかも送信しても送信側に届かなくなるそうだ。
Gメールチームの説明では、メールのスレッドで続く不毛な論争を終わらせたい時に便利、ということだったという。だが、ボタンの位置が使い慣れた送信ボタンの近くにあったため、重要なビジネスメールで誤ってこのボタンをクリックしてしまうという事故が多発したそうだ。
Gmailのヘルプフォーラムには多数の苦情が寄せられたとのこと。中には、上司宛の急ぎの重要なメールで知らずにこの機能を使ってしまい、返事をもらえないままいきなり電話で解雇されたというユーザーもいるそうだ。
Googleは公式ブログで2度にわたって謝罪した。最初は「今年のいたずらは自分たち自身がひっかかってしまったようだ。Mic Drop機能は笑いよりも頭痛をもたらしてしまった。心から謝罪します」という絵文字付きのもので、その1時間後には「多くのユーザーがGmailを非常に重要なメッセージで使っていることに気づいた。Mic Dropがあなたによって有害だったとしたら謝罪する。なお、企業向けGoogle Appではこの機能は最初から追加されていない」と謝罪し、Mic Dropボタンによる送信でブロックされていた返信をすべて配信したと説明した。
毎年楽しませてくれるGoogleのエイプリルフール企画だが、今年のいたずらは笑えない事態を招いてしまった。どんなことが起こり得るかという認識が足りなかったのだろう。解雇されてしまった人はその後どうなったのだろうか…?